日常の些細な事をひねくれた視線で見るブログ

恋愛や結婚、ささいな出来事などアラフォー女性の日々感じたことを書いてます。

突然の再会にご用心

f:id:yoideai:20170915103139j:plain

こんにちは。

さて今回も恋愛ネタを離れ、最近の出来事を。

半月ほど前、その昔(5年前位?)子どもの習い事でお付き合いのあったママと偶然再会した。近所で会ったら挨拶するくらいの薄い間柄だったのだが、今回の再会では妙にグイグイくる。ものすごく前のめりで猛烈アタックされ、そのままランチをすることに。

尋ねられるがまま一通り自分の近況など話した後、礼儀として私からも彼女の近況を尋ねてみた。曰くずっと専業主婦だったが最近働き出したとのこと。

どんな仕事?と儀礼上聞いてみると、「私の仕事なんて恥ずかしくて~」と答えない。ま、そこまで興味もないので、特に突っ込んで聞かずにおいた。

メアドを聞かれたので教えると、その日のうちにメールが届き「またランチかお茶でも?」という事だった。なんでこんなに?って位の前のめり感。ナゼ??

何度かお誘いを受け、本当に忙しいので何度かお断りした後、たまたま都合が良い日があったのでお茶することに。

相変わらずの前のめりフレンドリー感。なんでこんなに私を好いてくれるのか?そんなに好かれた経験が無い(一人が大好き、群れるの嫌い)ので、困惑しかない。

コーヒーを飲み干すくらいのタイミングで彼女が「こんなのあるんだけど、良かったら今度来ない?」とチラシをバッグから出してきた。

それは某保険屋によるランチ会のチラシだった。片隅には「〇〇保険 保険アドバイザー 〇〇〇子」と彼女の名前が入ったスタンプが押してある。

あーこれか・・・。そのチラシにふと既視感を覚えた。過去にも同じ展開があったのだ。ただし、別のママが相手で。

ちょっと小ぎれいなホテルのランチビュッフェが無料で食べられると聞いて、ホイホイ誘いに乗って行くと、そこにはママだけでなく彼女の働く会社の上司という、こざっぱりした男性がおり、ランチの間中ずっと保険の外交員への勧誘と保険商品の案内をされるという地獄の時間だった。

二人でいかに保険の仕事が素晴らしいか、また、自社商品が優れているかを夫婦漫才のごとく息の合った様子で語り続ける。それを聞きながら食べるホテル特性カレーはクソの味しかしなかった。

またかよ・・・。

私は職業に貴賤はないと思っているし、保険の外交が悪い仕事だとも、保険が嫌いなわけではない(好きじゃないけど)。

本意を隠して近づいてくるその根性が嫌いなのだ。本当に自信があって、優れていると思うなら最初から素直に言えばよろしい。それで相手が乗ってくるなら付き合いを続ければ良い。隠さないと行けないと思うような事ならやるな、こっちを巻き込むな!と思うのである。

これはネットワークビジネスも同じで、やられると物凄く不快な気持ちになる。無水調理の鍋とかいらないし。

以前、用事があって10年近くご無沙汰な人に連絡を取った所、開口一番相手から「壺なら買わないよ」と言われ、驚いた覚えがある。彼曰く「昔の知り合いの突然の連絡はロクなことがない」のだそう。壺なんて持ってないよ・・・。

私も学ばない人間だ。突然親し気にして来る人には何か下心があるものだ。私はそんな魅力のある人間では無いのだから。

魅力のある人間ではなく、どうでも良い間柄のどうでも良い人間だからこそ近づいてくるのが、ネットワークビジネスと保険の勧誘なのだろう(保険会社からのクレーム必至?)

50歳近くなって、専業主婦から保険のおばちゃんに転身した彼女の事を思うと、大変だろうな…と思う。他に仕事無かったのか?と傲慢ながら同情すら覚える。

変に期待させても何なので「保険は入らない」とやんわり宣言するとともに、ナゼこの仕事を選んだのか聞いてみたところ「正社員になれるから」だそうだ。

本人が良いならいいけど。

生きていくのは大変だ・・・としみじみ感じた最近である。

 

 

 

 

オバサンとオネエサンの間

f:id:yoideai:20170914103951j:plain

こんにちは。

今日は恋愛ネタから離れ、アラフォーならではの悩みを吐露したいと思います。 

先日、地元のお祭りがありまして、地域の末席に連なっております私も、PTAという強烈なしがらみにより、嫌々参加しておりました。

各小学校PTAによるゲームコーナーで、スタッフとしてチビッコを誘導していた所、4~5歳の子供を連れたお母さんが、お子さんに「ほら、そこのオネエサンの所に行って」と声を掛けました。

オネエサン??誰??周囲にスタッフは私しかいませんが。

イヤイヤそれは無理が…なんて思いつつチビッコの方を見てみると、「オネエサンはドコニイルノデショウカ?」ってな感じでキョロキョロしている。

そりゃそうだ、ここにオネエサンはいない。そこにはいるのはオバサンのみ。

自分の母親よりも明かに年長な女性をオネエサンと認識しろなんて、子供にはハード過ぎるミッションである。

困惑しているチビッコの様子に居たたまれず、「こっちおいで」と誘導したのだが。

なんだかな~。 

お母さんも「オバサン」とは言い辛く、無理やり「オネエサン」という呼称で気遣ってくれたのであろうが、「係の人」とかさ、もうちょっと無いものかね。逆に辛いから。

私はたまにイベントやらの接客の仕事をするのだが、そこでも、大人の気遣いによる「オネエサン」発言に翻弄され困惑する子どもを複数生みだしている。

なんか、ホントごめん。 

そもそも「オバサン」という呼称が失礼であるっていう認識もどうなんだろう?

確かに見ず知らずの人から「ねえオバサン」とか声を掛けられたら、「はぁ?」とは思うけど。 

齢を取ることは悪いこと、マイナスであるっていう意識があるからこうなるわけで。 その辺りの意識改革はヒジョウに難しいものがありそうなので、まずはひとまず「オバサン」と「オネエサン」の間をつなぐ呼び名は無いものか?

世の中のピュアでイノセントなチビッコを困らせないためにも至急解決が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫と写真

f:id:yoideai:20170912135011j:plain

こんにちは。

相変わらずワイドショーは不倫ネタで盛り上がってますね。

 

ここまで後から後から出てくると、世の中お腹いっぱいなんじゃないか?と思いますが、まだまだな模様です。もう、みんな欲しがりなんだから。

他人の不幸は別腹ってことでしょうか?

 

しかし、今回の某アラフィフ女優さんの件ですが、なんで写真撮るんですかね?

流出経路についてはさて置き、なぜわざわざ写真を撮るのか?そこが分からん。

ようは不貞を働いている証拠じゃないですか。

隠したい&隠さねばなならない相手との決定的な証拠となるブツですよ。

分からないな~、写真撮ってどうしたいんだろう??

 

1:舞い上がり過ぎ、盛り上がりすぎた上での愚行?(何にも考えてない)

2:バレても良い覚悟で私たちは付き合ってます!浮気じゃなくて本気です!ってお互いの気持ちを確かめ合う儀式?(実際はバレたら困るんだろうけど)

どちらなのかしら?どちらでもないか?

 

後から出ちゃった超ゲスいパンツ写真とか、50過ぎた良い大人が何やってんだよ・・・って、開いた口が塞がらなすぎて口内が乾燥しちゃいそうですが、恋は盲目って言うか、恋心って凄いですね。

 

とにもかくにも、お子さんが可哀そうなので、これ以上の写真流失は止めてあげて欲しいです。

 

 

 

広告を非表示にする

男の人は単純です。

f:id:yoideai:20170525202128j:plain

こんにちは。

今日は「男」について考えてみたいと思います。

 

以前、当時のチームリーダー(男性・45歳)・後輩ちゃん(女性・28歳)と私の三人でランチをしていた時の事。

リーダーがふいに、「今日は残業しないで早めに帰るからよろしく」と言ってきた。

私と後輩ちゃんは、彼がおらずとも特に何も困らないので「はーい」程度の受け答えをしたのだが、リーダーの顔を見ると何かもっと話したそうな表情をしている。

彼のアフターファイブ(古!)には何の興味もなかったが、そこは大人の気遣いで、念のため何か用事があるのか聞いてあげたところ、「体鍛えに行くんだよ」とのこと。

 

これまた興味がないので、「そうなんですか」と返事をしたが、まだ何か話したそうな顔をしている。

正直めんどくさい。

話したいことがあるならどんどん話せばよろしい。と思いつつ、またこれ大人の気遣いで、「頑張りますね、仕事の後で疲れませんか?」と聞いたところ、待ってましたとばかりに、「実はさ~」と彼の話が始まった。

※我々チームは普通に仲良しで、ランチが一緒の時は比較的下らない話ばかりをしていたので、彼の突然話には慣れている。

 

リーダー曰く、以前の部署の部下(女性・27歳)から体の鍛え方を教えてほしいと言われたので、今日一緒に行くことになったとのこと。

ちなみに、彼は以前秘書室におり、元部下は重役付の秘書さんである。大手企業の秘書さんだから、当然すごい美女らしい。

 

「最初に言われたときは冗談だと思ったんだけど、あんまり何度も言われるから断れなくてさ、困っちゃうんだよね~」困ったというより、嬉しくて仕方がない様子。

なんで困るんですか?と問いますと、

「筋肉の使い方とか、体に触らなくちゃいけないこともあるし、薄着だしさ」

なるほど・・。

「どんな気持ちなんだろうね」

って私に聞かれても・・。

「意識しちゃうよね~」

しちゃう・・かな?

まあ、私なら絶対に鍛えて欲しいとも、一緒にジムに行こうとも思わないが。

 

私は大人なので、「どうなんですかね・・」と言葉を濁したのだが、ストレートな物言いとサバサバした性格が魅力の後輩ちゃんは、「なんの意識もしてないですよ、ただ鍛えたいんじゃないですか、年齢違いすぎだし、ありえないですよ」とバッサリ。

後輩ちゃん、ハッキリ言い過ぎ!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

案の定、ドヤ顔のリーダーから一瞬にして表情がなくなり、静寂が私たちを包む。

一瞬の後、リーダーは静かに「困っちゃうんだよね」と呟いた。

どうやら後輩ちゃんの言葉は聞かなかった事にしたらしい・・・。

 

翌日朝イチで隣のデスクからリーダーが昨晩の報告をしてきた。(※後輩ちゃん不在)

「かなり鍛えてきたよ、彼女も本気だったから厳しくやってきた。でもさ、プールも一緒にって言われたから、さすがにそれは断ったんだよね~」

そうなんすか・・。

なんか、良かったって言うか、残念って言うか・・・。

 

心の声はそのままに、大人な私はちょいと話を盛り上げてみることに。

私「なんか良い感じな雰囲気とかなかったんですか?」

リーダー「いや、ジムの後夜ごはん食べたんだけど、今度結婚するんだって」

私「あーそうなんですか、ドレス綺麗に着たいとかそうゆうヤツですかね」納得!

リーダー「いや、でもさ、女性って結婚する前って気持ち揺れたりするじゃん」

私「そう、なんですかね・・・」

 

リーダーはご機嫌状態で仕事を始めたので、その話はそこで終了。

 

その後どうなったのか、何かあったら報告せずにいられない、育ちが良くて素直に育ったリーダーから、特に何も聞くことはなかったので、進展はなかったのでしょう。

 

私には、男として意識してない(ターゲット範囲外)からこその行動であり、むしろ元上司(リーダー)から女性として意識されているとは、露ほども思ってないのではとしか考えられないのだが・・。

 

男ってヤツや単純というか、おめでたいと言うか。

本当はどっちなんでしょうね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしのシャービック

・・今週のお題「おやつ」・・

 

アラフォー世代の想い出おやつは数多くあると思いますが、

私の場合、ハウス食品の「シャービック」 懐かしい~。

 

牛乳と混ぜて凍らせるだけのお手軽さ。

シャリシャリ感がたまらない。

特にメロン味が大好き。

 

普段はメロンなんて食べられないから、シャービックのメロン味はなんかリッチな気分になれるおやつだった。

 

数年前、突然むしょうにシャービックが食べたくなって、近所のスーパーを巡り探してみるも見つからず、志半ばで断念した。悲しかった・・・。

 

今回おやつブログを書くにあたり、今でも売っているのか探してみたら、普通にアマゾンで売っていた。

ハウス シャービックメロン 87g×10個 1,620円 

 

へー1個162円なんだ~、安いね。

10個セットか、いっぱい食べられるね。

 

いや、10個はいらない・・・。そこまで食べたくない。

 

ってことで、想いを寄せても手に入らなかった初恋相手(※今思い出すと好きだったことがちょっと恥ずかしい存在。例:近所に住んでたお姉さん、今となっては普通のおばさん)的ポジション をキープする、ちょっぴり切ない、ハウス食品「シャービック」でした。

 

ハウス シャービックメロン 87g×10個

ハウス シャービックメロン 87g×10個

 

 

 

 

 

 

不倫とは?

f:id:yoideai:20170524150733j:plain

こんにちは。

このところ、新旧不倫ドラマを視聴する日々です。

新:「あなたのことはそれほど

旧:「昼顔」

 

同じ「不倫」を扱ったドラマでも、テイストがかなり違いますね。

「昼顔」で描かれる不倫は、切なく・儚く・美しい。不倫ファンタジー。

「あなそれ」は、短絡的でちょいゲス。よりリアルな感じです。

 

現実世界で一般人が行う「不倫」は圧倒的に後者ですよね、肉欲ありきで単純。

でも当人からしたら、心の中では「昼顔」モードなのかもしれませんがね。 

「こんな世界(不倫)に踏み込んでしまったいけない私、毎日が辛いの、でもそんな自分が大好き♡」的な・・。 

 

テレビでは、キレイな女優さんとかっこいい男優さんが演じてるから、見ていられますが、あれが、一般男女で繰り広げられておったら、まあ、見られたもんじゃないでしょうね。絵面が汚いにもほどがある。

当人の頭の中では、安っぽいラブホテルもリノベーション、相手の薄い頭頂部には増毛、自分のたるんだ腹回りは5cm減。ってな感じでPhotoshop並みに修正されてるのかも??

 

不倫している、不倫したことがある人は私の身近にもたくさんいますし、不倫未経験だとしても、今なら「昼顔」、一昔前なら渡辺淳一大先生の「失楽園」など、「不倫」がテーマの作品に心を奪われる男女は多数存在するわけで。おっきな声では言えないけど「不倫」にあこがれてる人は多いはず。

結婚相手じゃダメなんかい!!

 

やはり、愛情面でも肉体面でも、生涯同じ人だけというのは無理があるのかな?動物も一夫一妻制って非常に少ないですしね。

動物図鑑見ていると、美しい見た目や鳴き声って異性にアピールするために発達した的な説明が多いんですよね。(人間が勝手に解釈しているだけで、動物からしたら「違うし・・」って思ってるかもですが)

自分の魅力をアピールし、より優れた相手と結ばれ、強い子孫を後世に残すことが生物最大のミッションだとしたら、一夫一妻性は自然の摂理に反しているのでは?ヘタに一人に決めちゃうとねえ?もっと強く魅力的な異性が出現するかもだし。

 

昔「不倫は文化」という迷言を残した、靴下履かない人がいましたが、生き物の本能に逆らえないから、いつの世にも「不倫」という文化が存在するのかも。

不倫ネタで叩かれたり、謝罪する芸能人の姿を良く見ますが、次に謝罪する芸能人には「不倫は本能」と潔く言い切っていただきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

待っていても何も生まれないのです。

f:id:yoideai:20170521115124j:plain

こんにちは。

あやうく三日坊主にもならないブログになりそうでした。

ってことで、更新します(`・ω・´)ゞ

 

さて今日は、以前婚活パーティーのスタッフをした時の話を書きたいと思います。

 

30代・40代を対象としたワインパーティー。

会場のカジュアルイタリアンには、40名くらいの男女が集います。

男女比はほぼ同数。

立食形式で、20種類程度のワインを飲みながら気になる人と会話する感じ。

くるくる男女がテーブルを移動する、回転寿司形式ではありません。

 

となると当然(?)、いろんな人と話す(話しかけられる)人もいれば、ずっと一人の人も出てくるわけで。

そんな人(特に女性)は、壁際のイスにずっと座って食べ飲みするのみ。

 

ある時、壁際女性の一人から「ちょっとスタッフさん!」と声をかけられた。

女性(40代・大きい)曰く、

「お金だけ取って、参加者をほったらかしじゃないか」

「30代~40代だと年齢の幅が広すぎる」

「皆若い女性にばかり声をかけるから不公平」

「なんの出会いもなく、参加した意味がない」

「もう帰りたい」

とのこと。

 

うーむ、そう言われても・・・。

ま、確かに、誰が見ても女性一番人気だろうなって感じの、若めな可愛い女性の周りに男性が群がっている。明らかに人口密度が高い。分かりやすいな~。

 

私「どんどん男性に話しかけてみたらいかがですか?」

女性「話しかけて、移動されたりしたら嫌だから・・」

私「・・・」

 

まあね、嫌だけどね。

傷つきたくない気持ちは分かるが、ただ座ってても意味ないじゃん。

自分で行動しなきゃ!

とは思ったが、何とかしてあげたいとも思い、一人でいた男性に、壁際女性陣ともお話してはいかが?とおススメしたみた。

すると男性からは、「話したい相手は自分で選ぶから」と即答された。

だよね。

結局、女性は早々に会場を後にして行った。

 

きっと彼女には、回転寿司形式が良いのであろうが、あの考えのままでは上手くいかないのではないかと思う。

 

自分の前に男性が座って話し出しても、「どうせ私なんて・・・」の気持ちでいたら、会話も盛り上がらないであろう。

話して楽しくない相手とその後も一緒にいたいとは思わないよね。

 

女性が婚活パーティーに参加した、その行動力は素晴らしいと思う。

髪の毛もきれいに整えて、洋服も気合が入っていた。

ならば、あと一歩勇気を出して、自分から声をかけて欲しい。

待っていても何も起こらないが、行動することで生まれる何かがあると思うのですよ、私は。